読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

処理後いいですか?

Twitterは @shion_ygo です。遊戯王とシャドバ

shadowverseを上手くなるためにすること。

f:id:shion_ygo:20170110052610j:image

はじめに

 どうも、しおんです。今回はまじめな記事を書こうと思います。私自身がshadowverseをするうえで足りないと感じている点を列挙していくだけの自己満足記事となりますが、この記事を読んでくださってる方にも気づきが得られればいいな、と思います。

あくまでも私自身が見るためのまとめであることをご了承ください。

 

1.1 shadowverseに向き合う

 私自身ランクマッチで負け試合があるとすぐに引きのせいにしてしまいモチベーションを低下させてしまいがちです。しかし、これ自体がshadowverseの伸びしろを減らしているのではないかと考えるようになりました。例えば、その敗北を引きのせいにする前に他の要因がなかったのかを考えてみましょう。

1、まずプレイングミスがなかったか

2、ゲームプランがうまく組み立てられていたか

3、構築はちゃんとできていたか

4、自分の行動に精一杯になって相手のことを考えることを怠っていなかったか

5、そもそも勝ちに行く気があったのか

等々

運ゲー、引きゲーに持ち込む前に考えられることは多くあります。

 

これらの観点は後に考察していきます。

 万が一上記のことをすべてパスして(パスした気になって)引きのせいだったとしましょう。では、相手のそのサルムーブはどれだけ回したときに成功する確率でしょうか?こちらの事故はどれだけの確率で起こることでしょうか?

 

もし前者が高い確率でできるのであればそのデッキを握ればいいだけの話ですし、後者の確率が高いようであれば(どちらのデッキに関しても勝ちたいという意思があるのであれば)今のデッキ選択ないしデッキ構築を迅速にやめるべきです。もしもサルハンの確率が高くなければ「仕方ないな、GG」とでも言って次に行けばいいだけです。

もちろんこれは上記の反省をすべてパスしたうえで負けたのであれば、という注釈が付きます。

 

1.2 それぞれの観点に関する反省

 先ほど五つほど反省材料を挙げたのでそれらについて考えていきたいと思います。これらの反省は非常に難しく、私自身できていないということを了承の上で読み進めてください。

・まずプレイングミスがなかったか

 これが負けの原因でおそらくトップに来るでしょう。特にshadowverseでは結果としてのミス、というものが多いイメージがあります。しかし未然に防ぐことのできるミスがその中にも多く存在します。これに関しては2章で詳しく述べていきたいと考えているので、今はこの程度にしておきます。

 

・ゲームプランがうまく組み立てられていたか

 このミスは新しいデッキを触り始めたときに多くあるミスですが、長く触っている人にも起こり得るミスです。「なぜか〇〇にだけ勝てない」というようなことがある場合、もしかしたらプランが悪いのかもしれません。わかりやすい例を挙げるとすれば、冥府エルフを使ったときにAのリーダーにはリノセウスプラン、冥府への道プラン、はたまた横並べによる制圧プランのどれを事をメインに考えるかということです。ここで間違ったプラン選択をしていればそれは勝率も悪くなりますし、反対にそのプランしか見えていなければそれはそれで勝ちの確率を下げていることに気が付きましょう。

BO3やBO5でどのデッキを最初、二番目、三番目に使うかといったようなこともゲームプランに入ります。リーダーによる有利不利が存在するこのゲームにおいてはそこから、個々の試合まですべて含んでゲームプランと呼べるでしょう。

 

・構築はちゃんとできていたか

 これは調整不足によるものが多いですが、上のゲームプランの誤った認識をもとにしていたせいで構築が歪んでしまったなんてこともあります。これはさまざまなデッキと相応の回数練習しないとわからないことです。いわゆる丸いデッキを作るにはそれぞれのリーダーに対してある程度戦えなければなりません。おそらくテンプレのようなものはtwitterにでもサイトにでも転がってます。しかしそこから自分のものにデッキをチューニングするには途方もない時間が必要です。「どのリーダーはどういったプランをとってどのような勝ち方をしてくるのか、どのカードがきつくて、どのカードは突破しやすいのか」、これらによってすべてのデッキを網羅することは不可能でしょうが自分の求めている水準に対しての対策はできるはずです。できるだけ少ない枚数で対策を行い、自分の動きをすることのできる構築にするのが一番だと私は考えています。

この時に気を付けたいことがあります。それは「自分の動きをすることのできる構築にする」という点です。それぞれのリーダーで長けている動きは違います。本当にその行動とデッキのコンセプトは一致しているのか考えましょう。そのデッキに無駄な動きが入っていることは構築の欠陥になります。

デッキのカードは40枚です。どのカードがなぜその枚数は言っているのか、説明できないカードがあなたのデッキには入ってませんか?採用されたカード一枚一枚に確固たる理由をつけられているのが当たり前ですが、あなたは理由付けをできていますか?適当で済ませていませんか?少なくとも私はできていません。

 

・自分の行動に精一杯になって相手のことを考えることを怠っていなかったか

 これは最初意識していても時間が経過するほどにおろそかになりがちです。とくにshadowverseのゲームの性質上ターンを重ねるごとにPPが増えていき行動の選択肢が増えていき、相手の動きを考えずらくなっていきます。また、自分が不利になるほどに今ある盤面を返すことに集中するあまり次の相手のことを考えられていない、ということが多くあります。そこで、私なりに簡単に相手のことを考えるためのコツをまとめてみました。

1、相手の次のPPいっぱいを使って行動してくるカード

2、相手が次のターンに出せる最大火力

3、相手がどれだけのフォロワーを処理できるか

1はすべて網羅するのは難しいですが環境をある程度知っていればあたることが多く自分のペースを持ってくるきっかけになりやすいです。

For example

冥府エルフの5ターン目、森の意志が来そうだから盤面の合計体力に気をつけよう

テンポやコントロールの5ターン目の死の舞踏がきついから進化権を弱めのフォロワーに使ってアタック4のフォロワーを2体に分散させておこう

など

 

2は特に後半のリーサルの時にうまく使えます。アグロヴァンパイアなどは読みやすいです。

For example

アグロヴァンプの6ターン目、一裂き×3の9点まで最高削れるが確率的にそこまで高くないから無視。むしろインプランサー進化5点がメジャーだ。こっちのライフが残るように盤面のフォロワーをとりつつ残りを顔面に入れていこう、など

 

3は非常に難しいと私は思っていますが超越ウィッチなんかは多少読みやすいです。

進化権があればフォロワー1は除去されます。では残りのPPでどれだけフォロワーが除去されるかを考えていきましょう。そうするとわかりやすくなります。先ほど挙げた超越ウィッチなんかはレヴィなしでは基本的に(もちろん例外も多くありますが)2マナで1フォロワー除去されることが多いです。

 

・そもそも勝ちに行く気があったのか

 あなたのデッキ構成、ゲームプランなんかより大切です。感情論になってしまうので不毛の極みではありますが、(勝つことがメインという前提のうえで)勝つ気がないようなら今やってるそのアプリを閉じて、また勝ちたい意欲が出るまで待つほうが有意義ではないでしょうか。

 

2.1 プレイング

 負けの原因はここにあることがほとんどでしょう。どっかの大会の優勝者と同じデッキを使っているのに勝てない、というものの7割はこのプレイングの差です。今回はそれぞれのリーダーの立ち回りを紹介する、といったようなテーマではありません。そんなものは某デッキ攻略サイトでも誰かのブログにでも飛べばすぐに知ることができるからです。shadowverseは毎ターンの行動に制限があるため忘れてしまいがちですが、大切なことの一つは勝負に行くタイミングです。エルフの例ばかりで申し訳ないのですが、またエルフの例を挙げたいと思います。

相手に盤面を制圧されて、返しのターンに進化やリノセウスを切って何とか返すも、そのあとの相手のターンにまた盤面をとられてしまう。次のターンに導きを引いて「1ターン早く来いよ」なんてことありませんか?その導きは意外にも適正なターンでツモっているのではないでしょうか。

 勝負をかけるときに大切なことがいくつかあります。

・負けまでにあと何ターンあるか

・もしターンを引き延ばした場合相手はどのような動きをしてくるのか

・今の状況に対してデッキの中の解答がいくつあるのか

・もし盤面を返すプランをとるならば、返した後の盤面がどうなるのか

これらを考え、適正なタイミングでもって勝負をかけるのです。手札が5枚で勝負をかけるのか、1ターン待って手札6枚、PPが1多い状態で攻めるのか、よく考えて動きましょう。

 もしも今の勝率が50%を切っているようであればまず、今までの考えを一切捨ててうまい人の放送に行って勉強したほうがいいと思います。確かに放送を見ながら自分だったらこうする、ということをやったほうがうまくはなると思いますが、50%を切っているのであればどこかしらに大きな問題があるのは明確です。それがデッキ選択なのか、構築なのか、プレイングなのか、それはわかりませんが必ず受け入れる姿勢で見に行きましょう。変に意地を張って「でも~」とか言っているうちはうまくならないと感じました。これができるようになったらただ単に見るだけでなく自分なりに考えていきましょう。もっとうまくなれると思います。

 リスクやリターン、カードゲーム風に言うとアド、ということの意識が甘いことやケアするもの、考えていることが見当違いな場合もあります。この辺りもうまい人のプレイを見ることで改善できるのではないでしょうか。

 

2.2 あなたは本当に理解できているか

 ここまでみて負けた理由がまだわからないのならば周りの人に聞いてみることも十分うまくなる方法だと思います。一番ダメなのが負けた理由がわからないことと、分かった気になっていることです。今持ってるプライドはハリボテのプライドであることに気がついてください。いらんプライドはさっさと捨ててください、うまくなれないです。

プレイの選択肢はさまざまです。必ず全員の意見を吟味して考えてください。そのプレイの良いところだけでなく悪いところも知ったほうがいいかもしれません。

 

3.1 勝ち負け

 運で負けてしまうことはないとは言いません。必ずあります、その時どれだけすぐに割り切れるかというのがうまさに直結すると思います。もちろん上記の反省をしたうえでですが。今のshadowverseには便利なものでリプレイ機能があります。これによって自分のプレイを見直すのもよいでしょう。負けたときはもちろん見返しますし、負けが嵩んだときはより一層しっかり反省しましょう、負けが連続するということはそれだえけどこかに欠陥があるということだからです。また、トップ解決をした試合なんかも見直すといいかもしれません。もしトップ解決できなかった時にどう動くか、トップ解決より前のプレイで無駄をそぎ落とせるところはなかったか。見直してみると案外ミスは見つかるものです。負けが連続することは精神的にはつらいですがそれと同時に上達のチャンスでもあります。ピンチはチャンスとはまさにこのことです。

 

 

おわりに

 ここまで私が意識していきたいことをまとめてみました。いかがだったでしょうか。

こうやって書いてみると私もまだまだうまくなれそうな気がしてきました笑

もしもこの記事が私以外の人にも参考になったのなら幸いです。

答えられるか怪しいところですが質問等あれば @shion_ygo まで

これからはまたいつも通りの雰囲気に戻ります。